【事前対策の手順一般】②

「災害等に遭遇したとしても、会社は従業員等の安全を確保した上で、中核事業(中核業務)を継続していくこと」を大前提として対応準備をしておかなければなりません。
そのためには、経営資源(人、物、情報、金 等)の確保が必要であり、平時から以下のような検討・実施(事前対策)をしておくことが重要となります。

  • 「人」
    安全に非難できるように、災害や事故発生時の初動フロー図の整備。
    安否確認ルールの整備。
    代替要員の確保。
    複数業務をこなせる要員の育成。
    ---
  • 「物」
    建築物の耐震化、設備の固定。
    被害状況により、現地復旧の検討 or 代替方法(代替生産・代替調達等)の確保。
    ---
  • 「情報」
    重要なデータの適切な保管、バックアップ。
    (関連企業・官庁関係等の)情報収集手段・(自社情報等の)情報の発信手段の確保。
    ---
  • 「金」
    緊急時に必要な資金の把握。
    現金・預金の準備。
    (キャッシュフローが回るか?)
    ---

経営者を中心に、各部署の協力を得て、災害対応手順等を検討していきます。

各経営資源について事前対策の検討
事前対策の実施状況の現状把握
(各災害、各経営資源について把握)

自社で出来ている事前対策は?

  1. 出来ている場合
    → その対策の再考 詳細検討
      (何をやる?、誰がやる?、何時やる? 等)
  2. 出来ていない場合
    → これから実施しなければならない事前対策を検討
      (何をやる?、誰がやる?、何時やる? 等)

そして、検討結果は、マニュアル化し、各従業員への周知徹底を図り、具体的な対応手順は、教育・訓練等へ積極的な活用していきます。

マニュアルと関連して、視覚化した「初動対応フロー図」の作成・掲示、「従業員携行カード」の作成が考えられます。
災害時に即活用できるように周知しておくことが必要です。