災害想定訓練の策定

実際の災害は予想通りには展開するわけではありません。
しかし、BCPの策定を深めること 及び その訓練の定着は、異常時対応力を増してくれます。(レジリエンスが豊かになります)
大切なことは、実際の災害に遭遇したとき、トップが適切な指示を出すことができて、そして従業員が臨機応変に対応できることです。

そのためには、少なくとも年1回以上は、経営者が従業員に対して「BCPの進捗状況や問題点」を説明するとともに、各部署各員の取組み及び役割分担については再認識・再確認をしてもらうことであり、またそのための仕組みを整備・検討しておくことが必要です。

【検討事項】

  • 発生時期・時刻の検討
    ・勤務時間内と時間外によるケース等
  • 各種訓練の実施
    ・避難訓練
    ・消火訓練
    ・救急訓練
    (当カテゴリ内記事「災害想定訓練の種類」参照)

【訓練策定のポイント】(安全衛生教育&訓練と同じ)

①訓練の目的を明確にすること

  • 誰に何を学んで欲しいか、身に付けて欲しいか
  • それをどのように検証するのか

②訓練方法を決定すること

  • 消防設備の取扱い訓練
    --順次各設備機器について実施(消火器、消火栓、等々)
  • 避難誘導、通報、救急救命、被害状況の確認等
    --誰がどう対応するのか(消防計画と連動)
  • 以上は日常における設備管理・施設管理の延長線上に位置する事項

③訓練計画を作る

  • 安全衛生計画にBCPの要素を加える等の検討
    --安全衛生教育計画と連動、あるいは融合等)
  • 会社の組織構成や教育体系等を踏まえ、BCP教育計画を作成。

【教育計画&確認事項 例】

誰が? 何をする? 何時? 頻度?
経営者 BCPの進捗状況や問題点の説明 等 年1回
事業場の長 事業場におけるBCP関連事項の説明・情報の共有化 随時
部長・課長 各担当部署のBCPに関する教育訓練の実施 年1or2回
現場責任者 部門内各員の役割分担の確認・訓練 年1or2回

④訓練の実施

  • 安全衛生訓練にBCPの要素を加える等の検討
  • リスクアセスメント訓練等を活用し内容を深める。

災害が発生し、想定外の状況も発生してストレスがかかると、正常な判断が困難になることが考えられます。
細かな点に集中しすぎて、全体が見えなくなるような状況に陥ったり、また必要な情報に気づかなくなるようなことも考えられます。
何を、どのように対応するか等々、事前に上記項目を参考に検討を深め、社内で共有しておくことが必要です。