災害想定訓練の充実(参考)

【What-if展開】

発生時期・発生場所等の「What-if展開」による想定訓練(“場のKYT”)

What-if(もし~だったら?)という問いかけにより、「“場”の想定」を深める。
(想定したシーンで、もしあったら困る要素を予見してみる)

  • 「夜だったら?」
  • 「乗り物に乗っていたら?」
  • 「あの場所(危険場所等)に居たら?」
  • 「あの仕事(危険業務等)をしているときだったら?」
  • 「周りに人が居なかったら?」
  • 「風雨が強い状況であったら?」
  • 「責任者が不在であったら?」
  • 「対応の判断をせまられたら?」
  • ---

※SHELモデルで、各要素を考慮した対応を検討することも考えられる
 「自分の場」「ソフト面」「ハード面」「環境面」「他の人との関連」