【事前対策の手順一般】①

被災後の「時間経過」と「実施すべき対応」として、一般的に下記が想定されます。

①身の安全の確保・避難

②状況の把握・被害拡大の防止

③被害状況の確認

④対策の実施

BCPでは、被災後の時間経過の各段階において、「どのような事前対策が必要になるか」を見出し、被害の軽減・事業再開に向けての事前対策を検討し、実施に移していくことになります。

事業継続の対策準備をしていないということは、事業に関わるさまざまなステークホルダーからの信頼を欠くことになります。
信頼を欠く事象として、一般的に下記のような項目が挙げられています。

  • 製品・サービスの提供停止で顧客を失う
  • 法定業務等の遂行が困難
  • 給与の支払い困難
  • 関係部署への支払いができない
  • 業績の悪化で融資を受けられない
  • 企業価値の低下
  • 地域社会の期待に応えられない
  • ---