ガス設備関係(災害・事故・トラブル)

ガス爆発事故は、発生すると人身事故と 建築物の破壊を伴い、被害が大きくなる傾向がある。
建築物に止まらず、周辺地域へも被害が及ぶこともある。
(引用事例は古いものですが、ガス爆発の実態を理解することができます)

ガス体と空気との混合比率により、爆発限界の濃度の範囲内で、着火により爆発する。
その爆発力は、状況により異なるが、一般的に5t/㎡にも達する。

なお、屋内に設置するガス湯沸器、風呂釜などの設置工事は、「特定ガス消費機器の設置工事の監督に関する法律」に基づき有資格者が適正に施行し、表示を行う必要がある。

マンション6階の住戸で爆発事故

死亡2名、負傷者19名、全焼16戸、その他被害は約80戸。
11階建のマンション(373戸)の6階の住戸で発生したガス爆発で火災が発生、防火区画の破壊により被害が広がった。
また、爆発によりガス管の破損を生じ、多量のガスが噴出したため、被害は極端に大きくなったものと思われる。
<ガスの安全対策の構造基準ができる前の昭和50年(1975年)の事故>

マンション11階の住戸で爆発事故

死亡1名、負傷者3名、全壊隣接住戸2戸、半壊3戸、ガラス窓などの破損24戸、50~60m 範囲の住宅の窓ガラスなどの破損13戸、自動車ガラス18台破損。
11階建のマンション(182戸)の最上階の住戸で発生したガス爆発で、天井裏は大穴が開き、床は10cm程度下がって鉄筋が露出、住戸界壁は反対側に7cm程度湾曲変したが、火災発生はなかった。
<本建築物は、完了検査が昭和55年(1980年)10月であり、ガスの安全対策の構造基準ができる前のものであったため、ガス栓の過流出安全弁(ヒューズコック)は取り付けていなかった。>

複合ビルの改修工事中のガス爆発事故

地上13階地下1階建の既存複合ビルの改修工事現場でガス爆発が発生し、1階から3階にかけて被害が発生したものである。
原因は、洩れた都市ガスに改修工事の溶接作業の火花が引火して爆発したもので、スプリンクラーの工事業者が、スプリンクラーの管と都市ガスの管を間違えて、都市ガスの管に穴を開けてしまった。
このため、都市ガスが洩れ、溶接の火花に引火したものと思われる。
ガスが供給されているにもかかわらず管に穴を開けてしまったことが事故に繋がったものと想定される。
<被害は、工事関係者、通行人の計37名で、うち7名が重傷、1階の800m²が火災で焼失>

From「建築設備士更新講習テキスト2000版」