リスクベースド・メンテナンス

リスクベースド・メンテナンスの勧め

リスクベースド・メンテナンス

“リスクベースド・メンテナンス” のすすめ

リスクベースド・メインテナンス{RBM:Risk Based Maintenance}の視点 「建築設備管理」及び「建築物の安全衛生」における{災害&事故・故障・トラブル等}への対応は、計画・設計段階における対策が第⼀です。 この計...
リスクベースド・メンテナンス

① 建築物 維持保全計画の目的

建築基準法第8条第2項に「建築物の維持保全に関する計画」の作成が記されています。 また、建築物管理訓練センターの「ビル設備管理科1級テキスト」に「維持保全計画作成の目的」が下記のように要約されています。  『維持保全計画作成...
リスクベースド・メンテナンス

② 建築設備管理業務の構成

*建築物の管理業務の目的は「安全・快適で衛生的な執務・労働・居住環境の提供」にあります。 主に「環境衛生管理業務」「設備管理業務」「保安警備業務」により構成されています。 (「保安警備業務」において、「主に“防犯”に関係するサービス」は...
リスクベースド・メンテナンス

③ 統括管理業務の内容

「統括管理業務」は下記のようになります。 1.法定技術責任者の選・解任 管理建築物の維持管理において、関係官庁に届け出等を必要とする法定技術責任者(下記例)を、当該管理担当構成員の中から選任する。 (退職・異動等により不在となった...
リスクベースド・メンテナンス

④ 建築物管理における “リスクの把握” の必要性

建築物の管理(安全・衛生・快適・利便・経済性等の管理)において、重点管理により持続性と管理効率向上を目的に、リスクアセスメント手法の活用を検討していきます。 【建築物管理におけるリスクの把握の必要性】 建築物を管理運営していく過程に...