測定結果を有効に活用されていますか?

以前訪問した施設での話しです。
その施設は、法規に基づいて燃焼設備の排煙測定を実施されていたのですが、その測定結果は書庫内のファイリングに保管されていました。
訪問は「燃焼設備の燃焼効率改善」についての提案が目的であったのですが、燃焼空気の酸素濃度を測定させていただいたところ、空気比において改善の余地が相当あったのです。
そこで、過去の測定記録が話題となり、見せてもらったのが上記の排煙測定の結果であったのです。酸素濃度は同じような値を示していました。


担当者の方は、法規に基づく測定をしているということで終わっているのですが、設備を運転されている方、データを管理されている方、契約関係を管理されている方等々相互のコミュニケーションと測定値の検討が大切だと思ったしだいです。


案外このようなケースは多いのではないでしょうか?
まだまだ“省エネ”も含めた改善の余地がいたるところにあるのではないかと思うのですが---