5S

作業における環境整備
--「5S活動」の活用--

5S

“5S” について

「5S」とは、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾」の頭⽂字をとった「環境整備活動」です。 (「業務上」に限定する必要はないかもしれません。⼈の活動すべてに活⽤出来る考え⽅です。) それぞれの意味は、⼀般には下記のように定義されてい...
2021.10.11
5S

“整理” について

「整理とは捨てること」だと⾔われます。 必要なものと不要なものを分け、不要なものは徹底して捨てる! 「整理上⼿は捨て上⼿」だそうです。 「いつか使うだろう」という場合は、ほとんど使⽤しないと考えた⽅がよく、勇気をもって捨てるというこ...
2021.05.27
5S

“整頓” について

「整頓とは目で⾒る管理(揃えること)」と⾔われます。 つまり“⾒える化”活動です。 「誰でも、何処に、何が、いくつあるか、すぐに分かる」という置き⽅になっているかどうかというのがポイントです。 物の置き場を決め、向きを揃え、いつでも...
5S

“清掃” について

清掃とは「きれいに掃除すること」と広辞苑に載っています。これにもう⼀つ意味を持たせて、「清掃は“点検”なり」とも⾔われます。 きれいに掃除するという過程で、その対象をよく⾒ることができます。 作業現場においては、ゴミ、ホコリな...
5S

“清潔” について

清潔とは「3S(整理・整頓・清掃)を維持すること」とされています。 清掃が徹底されてくると、「少しデコボコがあるな」「傷がついているな」「そろそろ電球を変えた⽅がいいな」「フィルターも換え時だ」と、いろいろな気づきが⽣まれます。 感...