維持・運転管理における省エネルギー⼿法(例)

維持・運転段階での省エネ⼿法には、⼤要下記のような項目が上げられています。

<運転管理>

  • 外気取り⼊れ量の削減
  • 室内環境条件の緩和
    −−温度、湿度
  • 機器の保全管理
  • 最適化制御
  • 運転時間の制限
  • 使⽤しない部屋の運転停⽌

<利⽤者サイド>

  • 照明の点滅
  • 通風、換気の利⽤
  • ブラインド、⾬⼾の開閉
  • 喫煙の制限

各設備機器の運転を継続していく過程での「省エネチューニング」の実施が有効となります。