BMマン

防災設備管理一般

避雷設備

避雷設備の目的は、建築物などに接近する雷撃を受け止め、雷撃電流を大地に放流することであり、その際、建築物及び人に対する被害を防止することにある。 避雷設備の設置については、建築基準法33条で「高さ20mをこえる建築物には、有効に避雷...
防災設備管理一般

自家用発電設備(予備電源他)

電動機を動力として用いる排煙設備及び非常用エレベーターの予備電源は、自家用発電装置が多く用いられている。自家用発電設備に係る問題点として以下のような事故事例が挙げられている。 電気室に併置されていて、電気室の機器火災によりその影響を...
防災設備管理一般

非常用の照明装置

火災などの発生時、短絡および地絡などの電気的要因で停電を伴うことが多いため、最低限の避難行動を確保する予備電源による床面照度の1ルクス確保、火災時の熱気流に対する環境を考慮した耐熱性、瞬時点灯性および30分間以上の持続容量の性能を有する非...
建築設備事故・トラブル

ガス設備関係(災害・事故・トラブル)

ガス爆発事故は、発生すると人身事故と 建築物の破壊を伴い、被害が大きくなる傾向がある。建築物に止まらず、周辺地域へも被害が及ぶこともある。(引用事例は古いものですが、ガス爆発の実態を理解することができます) ガス体と空気との混合比率...
建築設備事故・トラブル

排水設備関係(事故・トラブル)

建築物周辺への悪臭の伝搬防止 建築物内部で発生した腐敗した汚水、雑排水を外部に排水する場合は、敷地内の排水枡や道路側部の雨水桝の開口部から建築物周辺や道路上の大気中に“たまねぎの腐ったような硫化水素による悪臭”を漂わせ、生活環境を阻...