フォールトトレランス(fault tolerance)

一つや二つの部品やサブシステムが壊れても、他の部品やサブシステムが補って、本来の機能を維持するという多重系の考え方。
--Aが壊れたらBでカバーする、もしBが壊れたらCでカバーするという考え方。

(「信頼性の高い部品もいつかは故障する」という前提での多重系の考え方で、「三重多数決」「負荷分散」「異種冗長化構成」などの考え方とも関連している。)
『機能の信頼性を向上させて、安全を確保することを目標にしている』
<c.f.>フェールセーフ

『フォールト・トレラント』:異常が発生しても、安全確保のために継続運転できる可能性(欠陥があってもそれを許容する)

「人命を預かる分野では、まずフェールセーフの立場でシステムを考えるべきではないでしょうか。
あくまでも安全側を見いだせない場合や、フェールセーフが実現できない場合、さらにはフェールセーフがコスト的に実現困難な場合に、はじめてフォールトトレランスによる方針を検討する必要があるのではないでしょうか。」
向殿政男氏(明治大学名誉教授)