「墜落」の防⽌:③隙間について

⼿摺・⾯格⼦などの部材間、或いはそれらの建物本体との間に隙間がある場合、そこから⼈体がすり抜けてしまわないように、狭くしておく必要があります。

また、⼈間のすり抜けようという意図がある場合、とくに⼦供の⾏動についての考慮が必要です。

⼀般的には下記のように考えられているようです。

  • 体重のかかる部分や⼿摺下部にある隙間などは90mm以下
  • その他の隙間は110mm以下

これは、幼児の頭部の寸法を元に考慮された寸法だそうです。 

☆実際は、形状等も含めて使⽤場所等個々のケースで判断するようになると思われます。