遠読みサポート

<遠くを見通す力>
リスク・ビジョン
(未来スコープ)

BCP-Ⅱ

BCPレジリエンス

自然災害を含め多くのリスクの存在の下、事業環境の激変にさらされる企業や組織にとって、「生き延びる力(もちこたえる力)」は最重要課題の一つです。しかしその生き延びもちこたえる過程において、単に生き残るだけでなく、「ピンチをチャンスに、危機を...
Ⅲ 被害状況の評価

①企業を取り巻くリスクの洗い出し

事業継続としてのBCP を考えるとき、災害等として以下のような「企業を取り巻くリスク」が挙げられます。 <自然災害リスク> 地震 ・倒壊 ・火災 ・浸水 (南海トラフ地震、---)風水害 ・台風 ・集中豪雨 ・洪水土砂災害その...
Ⅲ 被害状況の評価

①参考:設備管理・施設管理の視点でのリスク

設備管理 或いは 施設管理 の視点においても、それらの 業務を取り巻くリスク として、下記のようなリスクが挙げられます。 火災 各種火災(電気火災等) --原因&傾向分析 地震 建築物倒壊、設備破壊、浸水、エネルギ...
Ⅲ 被害状況の評価

②BCPの対象とするリスクの選定

洗い出したリスクより、BCPの対象とするリスクを絞り込んでいきます。「中⼩企業庁BCP策定運⽤指針」に各災害等のリスクの重み付け(見積り)が例示されています。 取り上げるリスクは、各企業の置かれた地理的状況等により異な...
Ⅲ 被害状況の評価

③絞り込んだリスクのハザード分析

以上の検討において、企業の立地状況等にもよりますが、 一般的には、まず「地震」「風水害(台風)」「火災」が挙げられると考えます。 この3災害について、 それぞれの「ハザード」及び「ハザードによりもたらされる危険事象」を検討してみます...