③採光・照明 及び 騒⾳・振動の管理(事務所衛⽣基準規則)

事務所衛⽣基準規則における 採光・照明 及び 騒⾳・振動 管理基準

<採光・照明管理基準>

照度 ・精密な作業:300ルクス以上
・普通の作業:150ルクス以上
・粗な作業:70ルクス以上
採光・照明の⽅法 ①明暗の対照を少なくすること(局所照明と全般照明の併⽤)
局所照明に対する全般照明の⽐は約1/10以上が望ましい
②まぶしさをなくすこと
光源と目を結ぶ線と視線とがなす角度は30度以上が望ましい
照明設備の点検 ・6か⽉以内ごとに1回定期に⾏うこと

<騒⾳及び振動の防⽌>

有害な影響を及ぼすおそれのある騒⾳⼜は振動 隔壁を設ける等伝播を防⽌するための措置を講ずる
カード穿孔機、タイプライター等の事務⽤機器を5台以上集中して作業を⾏わせる場合 ①作業室を専⽤とすること
②専⽤室は遮⾳及び吸⾳の機能を持つ隔壁とすること

※事務所衛⽣基準規則10〜12条