「落下物・倒壊物」の防⽌対策

何らかの原因で、建築物の⼀部が脱落、落下し或いは倒壊したり、また、⾼所に置かれた物等が落ちるという場合があります。
これらは、⽇常においてだけでなく、地震等の場合においても⽣じる可能性があります。

例えば、下記のような事項が挙げられています。

  • 建物や外壁の部材が経年劣化や振動などによる脱落・倒壊
    特に、外壁の⽯材やタイル仕上げ、窓ガラス、左官仕上げは要注意とされています。
  • 重い照明器具や看板の落下
  • 雪に起因するの落下事故(寒冷地)
  • ⼈間に起因する物の落下
  • バルコニー、吹き抜け部分からの物の落下等

⼀次対策としては、下記のような事項が挙げられます。

  • 部材/⼯法の選択や、施⼯上の注意
  • 設計における、窓際部、⼿摺部等の建築的な⼯夫

また、⼆次的対策として、下記のような事項もあります。

  • ネット/庇などで⼈の⾏動範囲を覆う
  • 植え込み、柵などによって落下の危険のある範囲内に⼈が⼊らないようにする

重⼒のある限り物は落ちるし、時間経過と共に物は劣化していきます。
計画/設計/施⼯/管理の各段階で、対策と検討を⽇常的に維持していくことが必要となります。